スポーツ

コラロフ(セルビア)のプレースタイルや成績は?コスタリカ戦でフリーキックを決める

投稿日:2018-06-18 更新日:


ASローマ所属で、セルビア代表のアレクサンダル・コラロフ選手。
ワールドカップロシア大会で、ペルーを相手にゴールを奪い、今後の活躍が期待されます。
しかし、プレースタイルなど、どのような選手なのかいまいちわからない人もいると思います。
ここでは、アレクサンダル・コラロフ選手について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール


名前   :アレクサンダル・コラロフ
生年月日 :1985年11月10日
国籍   :セルビア
出身地  :ユーゴスラビア ベオグラード
身長   :187cm
体重   :83kg
ポジション:ディフェンダー
利き足  :左足

2004年、母国リーグのチュカリチュキでプロデビューを果たします。
2006年、同リーグのOFKベオグラードに移籍します。

2007年、イタリアのSSラツィオに移籍金80万ユーロで移籍しました。
3シーズン所属し、82試合に出場、6得点を記録しています。

2010年、イングランドのマンチェスター・シティに1,800万ユーロで移籍します。
7シーズン所属し、165試合に出場、11得点を記録しています。

2017年、イタリアのASローマに、移籍金500万ユーロで移籍します。

スポンサーリンク

プレースタイル

ポジションは、左サイドバックでプレーすることが多いです。
攻撃的な選手で、特に左足のキックは、とても精度が高く強烈です。

クロスの精度が高く、正確なクロスをあげることができます。
また、フリーキックも得意としており、直接決めることもできます。

左足からくりだすミドルシュートは強烈で、何度もゴールを決めています。
守備力は、安定感がないときもありますが、展開力が高く、ビルドアップやサイドチェンジでチャンスを演出します。

コスタリカ戦でフリーキックを決める


6月17日に行われたコスタリカ戦で、フリーキックを決めました。

ペナルティエリアの手前右側でフリーキックを獲得します。
キッカーを任されたコラロフは、得意の左足で直接ゴールを狙います。

壁の間を抜け、ゴールの右端にゴールを決めました。
キーパーのナバスは、反応しますが、触れることが出来ませんでした。

このゴールが決勝点となり、セルビアはコスタリカに1-0で勝利しています。

まとめ

セルビア代表のコラロフ選手について紹介しました。
コスタリカ戦でフリーキックを決め、さらに勢いに乗るかもしれませんね。
今後の活躍に注目したいと思います。

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:

関連記事

二つの熊の人形

柴崎岳と大倉忠義がそっくり?画像で検証してみた

サッカー日本代表のメンバーに選ばれている柴崎岳選手。 日本代表として活躍し、ルックスも良いため、とても人気があります。 そんな柴崎選手ですが、関ジャニ∞の大倉忠義さんとそっくりだと話題になっています。 …

サッカーボールと人工芝

ハキミ(ドルトムント)のプレースタイルや成績は?移籍情報や背番号、身長は?

ドルトムントに所属しているアクラフ・ハキミ選手。 将来有望な若手選手の一人で、この世代のサイドバックとしてはトップクラスの実力です。 ここでは、あくら・ハキミ選手について紹介したいと思います。 スポン …

サッカーボールと人工芝

シュチェスニー(ポーランド)のプレースタイルや成績は?喫煙騒動って何?

2018年のワールドカップロシア大会で、日本と同じグループに入ったポーランド。 ポーランド代表といえば、バイエルン・ミュンヘンのレバンドフスキ選手が有名ですが、そのほかにも注目すべき選手がたくさんいま …

サッカーボールと人工芝

ロサノ(メキシコ)のプレースタイルや成績は?ドイツ戦でゴールを決める

PHSアイントホーフェン所属で、メキシコ代表のイルビング・ロサノ選手。 ワールドカップロシア大会で、ドイツを相手にゴールを奪い、今後の活躍が期待されます。 しかし、プレースタイルなど、どのような選手か …

サッカーボールと人工芝

ハメス・ロドリゲス(コロンビア)のプレースタイルや成績は?妻と離婚していた?

2014年のワールドカップで日本の対戦相手だったコロンビア。 その中でも、特に活躍した選手が、ハメス・ロドリゲス選手です。 2018年のワールドカップでも、コロンビアが対戦相手なので、同選手は要注意人 …