恋愛

交際0日婚に向いている人とは?メリットとデメリットを紹介

投稿日:2019-03-30 更新日:


女性交際期間はカップルによって異なりますが、数ヶ月から数年の交際期間を経てから結婚するのが一般的です。

一方で、交際0日婚をするカップルも少数ながら存在します。

芸能人の中にも交際0日婚をするカップルがいて、話題になることがあります。

交際0日婚には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ここでは、交際0日婚について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メリット

すぐに結婚することができる

当然ことですが、交際0日婚だとすぐに結婚することができます。

交際期間が長いと、いつ結婚するか悩んでしまい、だらだらと時間が過ぎてしまうことがあります。

また、彼氏の結婚願望が薄いと、いつ結婚できるか不安に感じてしまうこともあります。

交際が0日ということは、お互いの結婚願望が強いということになります。

結婚のタイミングを考える必要がないので、婚期を逃さずに結婚することができます。

毎日が新鮮になる

交際が0日ということは、お互いに知らないことが多いです。

長く付き合ったり同棲生活をしてると、結婚後にあまり新鮮さを感じないこともあります。

交際0日婚だと、結婚後にも新しい発見が多くあります。

そのため、マンネリ化しにくく毎日を新鮮な気持ちで過ごすことができます。

人生設計に余裕が生まれる

交際0日婚をすると、人生設計に余裕が生まれます。

長く交際すると、それだけ時間や金銭等を消費することになります。

交際期間がなければ、その時間や金銭等を結婚後の生活に回す事ができるので、将来の人生計画に余裕が生まれます。

恋人気分で過ごせる

交際期間が長いと、結婚後はドキドキ感が薄れてしまうことがあります。

交際0日婚であれば、交際中に感じるドキドキ感を結婚後に感じることができます。

恋人期間を経ていないので、恋人気分を結婚後に味わうことができます。

ギャップを感じない

恋人の間は、自分を良いように見せようとするものです。

それから結婚して素の部分を見せると、結婚前とのギャップに幻滅することがあります。

交際が0日であれば、結婚前とのギャップに幻滅することはありません。

スポンサーリンク

デメリット

後から嫌な面を知る

0日婚は新しい発見がたくさんありますが、それは良い面ばかりではありません。

結婚してから、相手の嫌な面を知ることも多いです。

浮気ぐせがあったり、酒癖が悪いかもしれません。

もしかしたら、犯罪歴があるかもしれません。

交際期間が長ければ、相手のことを時間をかけて知ることができますが、交際期間が0日だと相手のことを知るにも限界があります。

価値観の不一致

結婚してから価値観の不一致を感じることがあります。

交際期間があれば気づけた価値観の違いも、交際期間がないことで気づかないことがあります。

金銭感覚や宗教観、仕事への考え方など結婚生活で重要な価値観が異なるかもしれません。

周りの賛同を得られにくい

交際0日婚は、家族や親族など周りの賛同を得られにくいです。

交際期間がない人との結婚は、周りの人が反対するのも当然です。

親しい人からすると、交際期間を経て相手のことを知ってから結婚してほしいと思うものです。

向いている人

条件を重視する人

結婚を決めるときに、条件を重視する人の方が向いています。

こういったタイプの人は、身長や学歴、収入などの条件を重要視します。

条件を満たすことが最重要なので、価値観や性格などは多少目をつぶることができます。

交際0日だと、どうしても相手の性格等を吟味することができません。

性格を重視する人は、しっかりと交際期間を経てから結婚した方が良いでしょう。

冷静に判断できる人

自分の条件と相手の条件を照らし合わせて、冷静に相手を選ぶことができる人の方が成功しやすいです。

ときめきを重視して勢いで結婚するのではなく、お互いの条件とタイミングの合う人がいたら結婚するタイプの人です。

いくら0日婚とはいえ、収入や職業、借金や家庭環境など最低限確認すべきことがあります。

交際期間がないからこそ、冷静に相手を見極める力が重要になります。

寛容な人

自分とは違う価値観にも理解を示すことができる寛容な人の方が向いています。

交際0日婚に限らず、結婚生活は寛容な人の方がうまくいきやすいです。

ただ、交際0日婚は相手のことを深く知らないまま結婚するので、より寛容さが求められます。

異なる価値観も尊重できる人の方がうまくいくでしょう。

まとめ

女性交際0日婚は、価値観の違いや相手の嫌な面を結婚後に必ず知ることになります。

結婚生活を長続きさせるには、それをどれだけ許容できるかが大切です。

結婚する前に、自分にとって絶対に譲れない条件だけは確認しておいてください。

条件が満たされていないと、結婚後に後悔する可能性が高いです。

逆にその条件が満たされていれば、結婚後に嫌な面を知っても、ある程度それを許容することができます。

スポンサーリンク

-恋愛

執筆者:

関連記事

女性

どっちにするか選べない…二股をする心理や選び方

皆さんの中には、二股をしている人がいるかもしれません。 二股をした経緯は様々だと思いますが、罪悪感を感じている人もいるのではないでしょうか? しかし、どちらかを選びたいけど選べない、そんな人も多いと思 …

緑色のテーブルクロスとグラス

初デートでファミレスはあり?ファミレスを選ぶ人の心理

ファミリーレストランってリーズナブルで味も美味しいですよね。 私も大好きでよく利用しています。 しかし、初デートでファミリーレストランに行くことをあまりよく思わない人もいるようです。 ここでは、初デー …

花

恋人のプレゼントに中古をあげるのはありか?中古品をあげる時の注意点

誕生日プレゼントなど、付き合っていると恋人にプレゼントをあげる機会があります。 プレゼント選びは悩むと思いますが、中古品をプレゼントしようと考えている人もいるかもしれません。 そもそもプレゼントに中古 …

女性

転職する彼氏が不安…別れた方がいいの?

付き合っていると、彼氏が転職することがあるかもしれません。 転職自体は悪いことではありませんし、転職することで人生が好転する場合もあります。 しかし、将来を考えている彼氏だと、転職することに不安を感じ …

女性

晩婚の人は幸せか後悔か?晩婚のメリットとデメリット

一般的に35歳以上での結婚を晩婚を言うことが多いですが、以前に比べて晩婚の人が増えてきています。 晩婚の原因として、経済的な不安や女性の社会進出など様々な要因が考えられます。 遅くに結婚した場合は、ど …