ジエゴ・コスタのプレースタイルや国籍は?どんな性格?

サッカーボールと人工芝

アトレティコ・マドリードに所属し、フォワードとして活躍しているジエゴ・コスタ選手。
ワールドカップロシア大会では、スペイン代表として出場し、ますます注目を浴びています。
ここでは、ジエゴ・コスタ選手について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

https://www.instagram.com/p/BZ4Ul_cnkUL/?hl=ja&taken-by=diego.costa.19
名前   :ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ
生年月日 :1988年10月7日
国籍   :スペイン、ブラジル
出身地  :ラガルト(ブラジル)
身長   :188cm
体重   :78kg
ポジション:フォワード
利き足  :右足

ジエゴ・コスタ選手は、アトレティコ・マドリードに所属するサッカー選手で、現在29歳です。

2006年2月、ポルトガルのブラガでプロ契約を結びます。
しかし、出場機会を得られず、半年後に、同国2部のペナフィエルにレンタル移籍します。

2007年、スペインのアトレティコ・マドリードに移籍します。
06/07シーズン後半はブラガ、07/08シーズンはスペイン2部のセルタ・デ・ビーゴ、08/09シーズンは同リーグのアルバセテにレンタル移籍します。

2009年7月、買い取りオプション付きでスペインのバジャドリードへ移籍します。
1シーズンで8得点を記録するも、チームは2部へ降格してしまいました。

2010年、買い取りオプションを行使して、アトレティコ・マドリードへ復帰を果たしました。
13/14シーズンには、チャンピオンズリーグ決勝進出や、リーグ優勝に貢献し、リーグ戦得点ランキングでは、27得点で3位という結果を残しました。

2014年7月、移籍金4,000万ユーロで、イングランドのチェルシーへ移籍します。
4シーズン在籍し、89試合出場52得点と活躍をみせました。

2018年1月、アトレティコ・マドリードに移籍し、レギュラーとして活躍を続けています。

スポンサーリンク

プレースタイル

ジエゴ・コスタ選手のポジションは、センターフォワードです。
フィジカルがとても高く、ゴール前での得点力や突破力が非常に優れています。

恵まれた体格を活かし、ボールキープやポストプレーでチームに貢献できます。
空中戦も強く、ヘディングでの得点も期待できます。

また、ポジショニングが優れており、ストライカーとしての嗅覚が高いことが分かります。
一方で、パスの精度が高いとはいえず、展開力もあまりありません。

典型的なパワータイプの点取り屋といえるでしょう。

性格は?

ジエゴ・コスタは、たびたび問題児であると言われることがあります。
原因は、ピッチ内での振る舞いだと思われます。

闘争心が高く、気性が荒いため、対戦相手に対して、暴言を吐いたり、手を出してしまうことがあります。

これまで、セルヒオ・ラモスにパンチ、ダヴィド・リンベルスキーにヘッドバッドなど、数多くの事件を引き起こしています。
こういった振る舞いが、問題児だと言われる理由だと思われます。

まとめ

ジエゴ・コスタ選手について紹介しました。
問題児と言われる一方で、フィジカルに優れ、世界を代表するストライカーに一人です。
今後の活躍にも注目ですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました