災害

[大阪北部地震]9歳女児がブロック塀の下敷きに。手抜き工事か?あいさつ当番だった?

投稿日:2018-06-18 更新日:


2018年6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を中心に強い地震が起きました。
この地震により、大阪府高槻市内の小学校に通う9歳の女児が、プールサイドの塀の下敷きになり亡くなりました。
この件について、情報が明らかになってきたので、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

大阪府高槻市の市立寿栄小学校のブロック塀が倒壊し、同小学校に通う4年生の女の子が下敷きになりました。

午前8時ごろ、小学生が下敷きになっていると消防に通報がありました。
女児は、駆けつけた救急隊員により病院へ搬送されましたが、1時間後に死亡が確認されたとのことです。

救出した方によると、声をかけたが、反応がなく、当時から意識がなかったそうです。

あいさつ当番だった

被害にあった女の子は、学校で児童会の代議員をやっており、当日は、あいさつ運動の当番だったそうです。

いつもは、小学1年生の弟と一緒なね登校していましたが、この日は当番という事で、一人で登校していました。

彼女は、しっかり者で、リーダーシップのある女の子だっそうです。

手抜き工事か?


倒壊した塀は、高さ合計3.5m、そのうち、基礎部分が1.9m、その上にブロックを1.6m(8段)積み上げた構造だったそうです。

この塀は、昭和49年にできましたが、当時は、1.6mのブロックの部分は網のフェンスでした。

しかし、それだとプールの中が見えてしまうことから、ブロックを積み上げて塀を作りました。

今回崩れたのは、積み上げたブロックの部分だったそうです。この崩れたブロック塀が手抜き工事ではないかとの指摘をされています。

スポンサーリンク

ブロックのが、一定の高さ以上になると、控壁(ひかえかべ)や鉄筋を入れなければなりません。
ブロック塀の安全を確保するための決まりが、建築基準法に定められていますが、画像を見る限り、守られていなかったと思われます。

ちなみに、市教委が3年に1度行う、目視による点検では、異常があるとの報告は、これまでなかったそうです。

市長が謝罪

この事故について、浜田剛史市長は会見で、
「深くお詫びする。原因を究明し、亡くなった女児の保護者にしっかり対応したい」
と述べました。

まとめ

事故の状況から考えると、崩れたブロック塀に問題があったことは明らかだと思います。
個人的には、この事故は、手抜き工事による人災だと考えています。
この件について、市の責任は重いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-災害

執筆者:

関連記事

no image

[大阪北部地震]余震に注意!被害状況は?南海トラフの前兆?

2018年6月18日、大阪府北部を震度6弱の地震が襲いました。 次第に、被害状況などが明らかになってきました。 大阪北部地震に関する情報について、まとめて紹介したいと思います。 スポンサーリンク 目次 …

no image

[大阪北部地震]大規模な余震や本震が来る可能性は?

2018年6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震度6弱の地震が襲いました。 それから、幾度となく余震が発生し、引き続き警戒が必要な状況となっています。 今後、大規模な余震が来ることも考えられます …

no image

余震が怖くて寝れない時の対処法は?

大規模な地震が発生すると、余震による恐怖を感じると思います。 大きな地震であれば、余震も大規模になる可能性がありますので、より一層恐怖は増すでしょう。 ここでは、余震が怖くて寝れない時の対処法について …

no image

大阪府北部で震度6弱!余震はいつまで?地震の影響は?

2018年6月18日7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震がありました。 こちらの詳細について、紹介していきます。 スポンサーリンク 目次1 震源地2 地震の影響は?3 余震は?4 まとめ 震源地 …

台風

台風が怖くて寝れない時の対処法は?

みなさんの中には、台風が怖くて寝れないという経験をした方がいると思います。 特に、大きな台風であればあるほど、恐怖を感じると思います。 寝れないと、次の日の仕事や学校に支障が出てしまうこともあります。 …