災害

[大阪北部地震]余震に注意!被害状況は?南海トラフの前兆?

投稿日:2018-06-19 更新日:


2018年6月18日、大阪府北部を震度6弱の地震が襲いました。
次第に、被害状況などが明らかになってきました。
大阪北部地震に関する情報について、まとめて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

被害状況は?

大阪府では、4名の死亡が確認されています。
また、負傷者については、6府県で307名となっています。

建物の被害について、大阪市では、半壊が1棟、一部損壊が74棟、京都府でも住宅の被害が64件ありました。

大阪ガスは、約11万戸へ都市ガスの供給を停止しましたが、完全復旧までは8〜12日間かかる見込みだと発表しました。
早期の復旧に向けて、約2,500人体制で作業を進めるとのことです。

大阪メトロ御堂筋線は午後9時40分、JR大阪環状線は午後10時10分に運転を再開しました。
当日は、約240万人に影響が出ました。
空の便については、大阪(伊丹)空港で82便が欠航しました。

スポンサーリンク

大阪府北部のスーパーには、水や食料を買い占める人が殺到しました。
商品が品切れになる店が、相次いだそうです。

余震に注意


19日の午前0時31分ごろ、大阪府北部・京都府南部で震度4の地震がありました。
また、大阪府の北部では、19日の午前0時までに、震度3が1回、震度2が5回、震度1が11回の地震を観測しています。

余震は、2〜3日が可能性が高いと言われています。
特に、揺れが大きかった地域は、1週間ほどは余震に注意する必要があります。

南海トラフの前触れ?

今回の地震が、南海トラフの前触れではないかという声もあります。

南海トラフは、100年に1回のサイクルで起きています。
前回から72年経っており、南海トラフ地震の前には、近畿地方で地震が多くなります。

前回の南海トラフ地震が発生する前、内陸直下型の地震が続けて起きています。
今回の地震も、その前触れの一つだと考えられるかもしれません。

まとめ

大阪府北部の地震の情報を紹介いたしました。
今後も、余震が発生すると思います。
家具を固定したり、高い家具のないところで寝るなど、安全を確保するようにしてください。

スポンサーリンク

-災害

執筆者:

関連記事

台風

台風が怖くて寝れない時の対処法は?

みなさんの中には、台風が怖くて寝れないという経験をした方がいると思います。 特に、大きな台風であればあるほど、恐怖を感じると思います。 寝れないと、次の日の仕事や学校に支障が出てしまうこともあります。 …

no image

[大阪北部地震]9歳女児がブロック塀の下敷きに。手抜き工事か?あいさつ当番だった?

2018年6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を中心に強い地震が起きました。 この地震により、大阪府高槻市内の小学校に通う9歳の女児が、プールサイドの塀の下敷きになり亡くなりました。 この件につい …

no image

大阪府北部で震度6弱!余震はいつまで?地震の影響は?

2018年6月18日7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震がありました。 こちらの詳細について、紹介していきます。 スポンサーリンク 目次1 震源地2 地震の影響は?3 余震は?4 まとめ 震源地 …

no image

余震が怖くて寝れない時の対処法は?

大規模な地震が発生すると、余震による恐怖を感じると思います。 大きな地震であれば、余震も大規模になる可能性がありますので、より一層恐怖は増すでしょう。 ここでは、余震が怖くて寝れない時の対処法について …

no image

[大阪北部地震]大規模な余震や本震が来る可能性は?

2018年6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震度6弱の地震が襲いました。 それから、幾度となく余震が発生し、引き続き警戒が必要な状況となっています。 今後、大規模な余震が来ることも考えられます …