災害

[大阪北部地震]大規模な余震や本震が来る可能性は?

投稿日:2018-06-19 更新日:


2018年6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震度6弱の地震が襲いました。
それから、幾度となく余震が発生し、引き続き警戒が必要な状況となっています。
今後、大規模な余震が来ることも考えられます。もしかしたら、今回の地震を前震として、本震が来る可能性も考えられます。
ここでは、今後の余震等について、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

大阪北部地震の概要


18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震度6弱の地震が襲いました。
震源地は、大阪北部(北緯34.8度、東経135.6度)で、マグニチュードは6.1Mとなっています。また、震源の深さは、13キロということです。

これにより、19日午前6時半時点で、死者は4名、負傷者は376名となっています。
また、住宅の一部損壊は、252棟となりました。

大規模な余震の可能性は?

大阪府北部を震度6弱という大きな地震が襲いましたが、大規模な余震は発生するのでしょうか?

最初に発生した大きな地震を本震といい、その後に起きる地震を余震と言います。
本震が発生した後は、ほとんどの確率で余震が発生すると言われています。

余震の大きさは様々ですが、大きな地震であればあるほど、大規模な余震が発生する可能性は高いです。

大規模な余震が発生する可能性は定かではありませんが、過去の事例から考えると、大規模な余震が来る可能性は十分考えられます。

スポンサーリンク

本震が来る可能性は?

18日の地震を前震として、これから大きな本震が来る可能性はあるのでしょうか?

今回の地震が、本震なのか前震なのかについては、現時点では分かりません。
今後の動向を確認する必要があります。

しかし、2011年3月11日に起きた東日本大震災では、3月9日に大きな地震が発生しています。
また、2016年4月16日の熊本地震でも、2日前に大きな地震が発生しています。

両者に共通していることは、本震が発生する48時間以内に大規模な前震が発生しているという点です。

このことから、大阪府北部の地震も、18日の地震が前震で、これから本震が来る可能性も考えられます。

まとめ

現時点では、大規模な余震、または、本震が来るのかについては、定かではありません。
しかし、過去の事例などから考えると、大きな地震がくることも十分考えられるでしょう。
同規模の地震が起きる可能性は、1〜2割程度あると、気象庁は発表しています。
事前の備えをしっかり行い、いざという時は、慌てず冷静な行動を心がけてください。

スポンサーリンク

-災害

執筆者:

関連記事

no image

大阪府北部で震度6弱!余震はいつまで?地震の影響は?

2018年6月18日7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震がありました。 こちらの詳細について、紹介していきます。 スポンサーリンク 目次1 震源地2 地震の影響は?3 余震は?4 まとめ 震源地 …

携帯電話を持つ女性

110番と119番どっちからかけるべき?それぞれの違いは?

事件や事故などの緊急事態の場合、110番や119番へ電話をかける状況があります。 しかし、実際にその状況になった時、どっちからかけるべきなのか悩む人もいると思います。 現場では、冷静な判断ができない可 …

no image

余震が怖くて寝れない時の対処法は?

大規模な地震が発生すると、余震による恐怖を感じると思います。 大きな地震であれば、余震も大規模になる可能性がありますので、より一層恐怖は増すでしょう。 ここでは、余震が怖くて寝れない時の対処法について …

富士山

富士山噴火はいつ起きる?噴火の影響と対策

富士山の近くに住んでいる人は、いつ噴火するのか不安に感じている人も多いと思います。 もし実際に噴火したら、パニックになってしまう方もいると思います。 事前に噴火の影響や対策を知っていれば、いざという時 …

no image

[大阪北部地震]9歳女児がブロック塀の下敷きに。手抜き工事か?あいさつ当番だった?

2018年6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を中心に強い地震が起きました。 この地震により、大阪府高槻市内の小学校に通う9歳の女児が、プールサイドの塀の下敷きになり亡くなりました。 この件につい …