その他

ママ活は犯罪なのか?逮捕や補導される場合は?

投稿日:


花を持つ女性ママ活という言葉を聞いたことはありますか?

パパ活は聞いたことがある人もいると思いますが、ママ活はあまり聞き慣れないかもしれません。

最近では、ママ活も広まってきており、気になっている人もいるかもしれません。

しかし、ママ活にはそれに伴うリスクや危険性もあります。

ここでは、ママ活が犯罪になるのかに焦点をあててみたいと思います。

スポンサーリンク

ママ活とは

そもそもママ活とは何なのでしょうか?

ママ活とは、女性が男性にお金を渡して、買い物や食事などに付き合ってもらうことです。

女性がお金、男性が時間をそれぞれ提供して、一緒に時間を過ごします。

近年流行しているパパ活の逆であり、女性が男性に資金援助を行う行為です。

基本的に肉体関係はなく、一緒に時間を過ごす、つまり、デートするだけになります。

ママ活はまだ世間に浸透していませんが、徐々に広まっています。

犯罪になるのか?

ママ活に違法性がある場合とは、どのようなケースがあるのでしょうか?

肉体関係がある場合

肉体関係を持ってしまうと、援助交際に該当してしまいます。

売春防止法では、売春(援助交際)の定義を「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう」(第2条)と規定しています。

そして、「何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない」(第3条)と禁止しています。

つまり、売春を違法であるとし、法律で禁止しています。

ただし、売春は違法ではありますが、刑事罰がありません。

スポンサーリンク

あっせんした場合(肉体関係あり)

女性を紹介し、その女性が肉体関係を迫った場合、売春をあっせんしたことになります。

この場合、売春あっせん罪となる可能性があります。

ママ活のアプリなどがありますが、ママ活は肉体関係を持たないことが前提となっているので、そういったアプリが成立しているのです。

相手が18歳未満の場合

相手が18歳未満の場合、児童ポルノ法によって罰せられます。

児童売春の場合、売春とは異なり、刑事罰となります。

さらに、児童売春は、性交だけでなく性交類似行為も含みます。

また、相手が未成年の場合は、保護者である親が通報すると、誘拐となってしまいます。

既婚者の場合

どちらかが既婚者の場合は、不貞行為となる可能性があります。

肉体関係のある浮気の場合、離婚理由となる不貞行為となります。

注意すべきなのは、肉体関係がない場合でも、不法行為が認められる可能性があるということです。

判例でも、肉体関係がなく、デートをするだけの関係だった場合にも不法行為を認めているケースがあります。

つまり、既婚者の場合は、肉体関係がある場合はもちろん、ない場合でも損害賠償を請求される可能性があります。

まとめ

街並みママ活が犯罪になるかについて紹介しました。

ママ活は、一歩間違えると犯罪となってしまうリスクもあります。

ママ活をされる方は、違法となるケースを知り、それをしっかり守るようにしてください。

スポンサーリンク

-その他

執筆者:

関連記事

スマートフォン

フォトハラスメントとは?対策や犯罪となる事例は?

フォトハラスメントという言葉を聞いたことはありますか? フォトハラとも略され、近頃話題となっているハラスメントです。 もしかしたら、皆さんの中にも被害にあっている方がいるかもしれません。 ここでは、フ …

no image

社会保険の「106万円の壁」と「130万円の壁」とは?扶養条件について

パートやアルバイトをしている方で、社会保険を夫や親の扶養に入ったままで働きたいと考えている方も多いと思います。 そこで問題となってくるのが、「106万円の壁」と「130万円の壁」です。 この言葉自体は …

スマートフォンを触る女性

スマホ依存症をやめたい時の治し方は?原因や対策を紹介

スマホ依存症という言葉を聞いたことはありますか? もしかしたら、皆さんの中にも悩んでいる人がいるかもしれません。 スマホ依存症になってしまうと、日常生活に支障をきたすこともあると思います。 ここでは、 …