ルカク(ベルギー)のプレースタイルや成績は?パナマ戦で2ゴール!

サッカーボールと人工芝

ベルギー代表で、マンチェスター・ユナイテッド所属のロメル・ルカク選手。
ワールドカップロシア大会のパナマ戦で2ゴールを奪い、今後の活躍が期待されます。
しかし、プレースタイルなど、どのような選手かいまいち知らない人もいると思います。
ここでは、ルカク選手について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール


名前   :ロメル・メナマ・ルカク
生年月日 :1993年5月13日
国籍   :ベルギー
出身地  :アントウェルペン
身長   :190cm
体重   :93kg
ポジション:フォワード
利き足  :左足

2009年、ベルギーのアンデルレヒトプロデビューを果たします。
2シーズン所属し、33得点を記録します。

2011年、プレミアリーグのチェルシーへ移籍金1,200万ユーロで移籍します。
しかし、出場機会に恵まれませんでした。

2012年、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンへレンタル移籍します。
12/13シーズンに17得点を記録し、自身の評価を上げます。
その後、チェルシーへレンタルバックします。

2014年、移籍金2,800万ポンドでエバートンへ移籍します。
16/17シーズンには、25ゴールを記録し、得点ランキングで2位になります。

2017年、移籍金7,500万ポンドでマンチェスター・ユナイテッドへ移籍します。

プレースタイル

フィジカルが高いだけでなく、テクニックも備えています。
ゴール前では、フィジカルとテクニックを生かし、得点を量産します。

また、スピードも兼ね備えているので、裏への飛び出しや、スピードを生かしたドリブルで攻撃を仕掛けることもできます。

恵まれた体格を生かしたヘディングやポストプレーでチームに貢献します。

スポンサーリンク

パナマ戦で2ゴール

6月19日に行われたパナマ戦で、2ゴールを奪いました。

1点目は、デブライネが切り返しからアウトサイドでクロスを上げます。
そのボールに反応したルカクが、ヘディングで合わせてゴールを決めました。


2点目は、カウンターからアザールがドリブルでボールを運び、ルカクへパスを出します。
バールを受けたルカクは、キーパーとの1対1からゴールを奪います。

まとめ

ベルギー代表のルカク選手について紹介しました。
初戦から2得点を記録し、さらに勢いづきそうですね。
今後の活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました