マネ(セネガル)のプレースタイルや成績は?リヴァプールなどで活躍!

サッカーボールと人工芝

2018年のワールドカップロシア大会で、日本の対戦相手であるセネガル。
そんなセネガル代表の中で、最も注意すべき人物がサディオ・マネです。
そんなマネですが、プレースタイルや成績は詳しくわからない人もいると思います。
ここでは、セネガル代表マネについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

https://www.instagram.com/p/BON7XU0gQvt/?taken-by=sadiomaneofficiel
名前   :サディオ・マネ
生年月日 :1992年4月10日
国籍   :セネガル
出身地  :セディウ
身長   :175cm
体重   :69kg
ポジション:フォワード

2011年、フランスのFCメスでサッカーキャリアをスタートします。
2012年、オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクに移籍し、主力メンバーとして活躍します。

2014年、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに移籍します。移籍金は、当時のクラブ最高額の1,500万ユーロでした。
ちなみに、2015年5月16日のアストン・ヴィラ戦では、プレミアリーグのハットトリックの最速記録を更新しました。

2016年、3400万ポンドでリヴァプールに移籍します。
クラブ年間最優秀選手に選ばれたり、リーグの年間ベスト11に選ばれたりと、大活躍しています。

プレースタイル

マネは、両ウイングでプレーすることを得意としています。
特に、右ウイングでプレーすることが多いですが、トップ下などのポジションでも使うことができます。

スポンサーリンク

身長が175cmとサッカー選手としては小柄ですが、彼の最大の武器は、圧倒的なスピードです。
スピードを生かしたドリブルや裏への走り出しがとても速いです。

そのスピードを生かし、ドリブル突破で相手ディフェンダーを置き去りにします。

マネの凄いところは、単独でドリブル突破をするだけでなく、味方とのコンビネーション能力も高いところにあります。
味方とワンツーで仕掛けたり、味方を活かすプレーができるので、プレーの幅が広いです。

トラップはあまり得意ではないように思いますが、利き足の右足だけでなく、左足もうまく使うことができます。

また、判断能力が高いことも特徴の一つです。
ボールを受けてからの判断がとても速く、素早い攻守の切り替えなどでチャンスを演出します。

まとめ

セネガル代表のマネ選手について、紹介しました。
特徴としては、やっぱりそのスピードですね。
マネのスピードは、日本代表にとって、とても脅威になると思います。
リヴァプールに移籍して、プレーの幅をさらに広げたマネですが、今後も注目されるサッカー選手であることは間違いありません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました