台風が怖くて寝れない時の対処法は?

台風

みなさんの中には、台風が怖くて寝れないという経験をした方がいると思います。

特に、大きな台風であればあるほど、恐怖を感じると思います。

寝れないと、次の日の仕事や学校に支障が出てしまうこともあります。

ここでは、台風で寝れない時の対処法を紹介したいと思います。

寝れないのは仕方ない

大きな台風が直撃しているときは、なかなか寝れないことが普通です。

暴風や雨の音がうるさいので、睡眠の妨げになります。

さらに、被害がないか不安となり、眠りにつけないことがあります。

普段とは異なった状況だからこそ、寝れないというのは仕方ない部分があります。

スポンサーリンク

目を閉じるだけでも体力は回復する

寝れない時は、目を閉じて横になりましょう。

そうするだけでも、だいぶ体力は回復します。

目を閉じることで、涙が眼球に行き渡り、眼球に水分や養分を与えることができるので、目の疲労を回復することができます。

また、目を閉じれば、脳への情報を80%遮断でき、脳の疲労を回復することができます。

さらに、横になることで、身体の回復をすることができるでしょう。

目を閉じるだけで体力が回復することを知っているだけでも、精神的に楽になると思います。

耳栓をする

耳栓台風で恐怖を感じる原因の一つとして、音があります。

寝るときは音に敏感になっているので、暴風の音や激しい雨音などが眠りの妨げとなります。

さらに、普段は聞くことがないような激しい風や雨音なので、余計に不安感を煽ります。

こんな時に耳栓をすることで、音がほとんど聞こえなくなるので、不安感が多少は改善されるはずです。

台風が接近しているときは、事前に耳栓の用意をしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

停電の備えをする

台風が来ると、停電になることがあります。

停電になると、電気が使えなくなるのでとても不便です。

停電になった時のための備えをしておくことで、備えができているという安心感から、多少は恐怖がやわらぐと思います。

具体的には、懐中電灯を枕元に置いたり、スマートフォンを充電しておくなどが考えられます。

こういった備えをしておけば、少しは恐怖感がましになると思われます。

まとめ

大きな台風が接近すると、眠りにつけないというのは多くの人が経験したことがあると思います。

どうしても寝れないときは、目を閉じて横になるだけでも次の日の疲労感は全然変わります。

台風でなかなか寝れないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました