YouTubeの収益化の方法|収入と再生回数の仕組みや収益の受け取り方

youtube

youtubeYouTubeでどれくらい稼げるのかって気になりますよね。

実際に、YouTuberとして成功している方は、会社員では稼ぐことができないほどの収入を得ている方もたくさんいます。

最近では、副業としてYouTubeで小遣い稼ぎをしている人も増えています。

みなさんの中にも、YouTubeでお金を稼ぎたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、YouTubeの収益について解説していきます。

YouTubeの収益の仕組み

YouTubeの主な収入源は、広告収入です。

YouTubeを見ていると、動画の最初や途中でCMが流れると思います。

YouTubeで広告を流すために、広告主は広告料を支払います。

つまり、広告主がある支払う広告料が収益となります。

YouTuberは、その広告料をYouTubeに仲介してもらって受け取ります。

この収益は、再生回数に比例するので、再生回数か増えれば増えるほど、収入も増えていきます。

1再生いくら?

YouTubeは、再生回数に応じて収入が増えるということで、1再生あたりどれくらいの報酬がもらえるのか気になります。

巷では、1再生で0.1円などとウワサされているようですが、実際のところどうなのでしょうか?

実際にYouTubeで動画投稿している方の実体験を参考にしてみると、0.1〜0.5円程度だということです。

ばらつきがあるのは、全体の再生回数や動画の内容などによって変わるからだそうです。

このことから、YouTuberとして生活していく場合、月間で100万〜200万再生程度あれば生活していけそうです。

収益化の方法

youtube注意すべきなのは、YouTubeに動画を投稿すれば、誰でも収益を得られる訳ではありません。

収益化するためには、以下の流れをこなす必要があります。

YouTubeとパートナー契約を結ぶ

Google AdSenseに申し込む

収益化の設定をする

審査に合格する

さらに、収益化するためには、以下の条件があります。

チャンネル登録者数が1,000人以上

過去12ヶ月間の総再生時間4,000時間以上

収益化の設定をしておけば、これらの条件を満たした段階で、自動的に審査に入ります。

審査については、「自作自演」や「相互フォロー」などの不正行為がないかなどをチェックしています。

また、ラジオや嫌韓系、政治経済などのジャンルは審査に通らないようです。

審査期間については、ばらつきがあるようですが、最近では3ヶ月以上経っても審査が終わらないこともあるようです。

収益の受け取り方

YouTubeで発生した収益は、銀行口座に振り込んでもらうことで受け取れます。

日本に住んでいる場合は、報酬が1,000円以上になると住所確認が行われ、報酬が8,000円以上になると口座に振り込まれます。

8,000円以下の場合は振り込まれずに、翌月に繰り越しとなります。

報酬は、月末締めで翌月の25日前後に振り込まれます。

まとめ

youtubeYouTubeの収益について紹介しました。

収益化させるのにハードルとなるのは、チャンネル登録者数1,000人以上と過去12ヶ月の総再生時間が4,000時間以上というところだと思います。

特に、登録者数1,000人以上については難易度が高く、これを満たしているのは上位12%程度だそうです。

チャンネル登録者数を増やすコツは、ジャンルに特化したチャンネルにすることです。

ジャンルを固定した方が、チャンネルにファンがつきやすいので、登録者数を増やすことができます。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました